ただ単に年をとっただけではない物忘れの原因について

物忘れが最近ひどい、なんとかしたいと思っているし人も多いかと思います。

 

様々な原因があり、対策することでそれらの進行を抑えることができるのです。

 

物忘れの原因と対策について説明します。

 

まず、加齢とともに脳の老化が進み起こります。

 

20代までは、急激に様々なものを吸収して発達しますが、その後は衰退してしまうのです。

 

対策として、本や映画で感動することです。

 

感動がドーパミンを刺激してくれます。

 

また、料理を作ることで美味しく、要領良く作ることで脳の活性化につながります。

 

偏った食生活も原因になります。

 

そのため、脳の活性化に良いDHAなど含まれる青魚やアセチルコリンを多く含む卵黄などバランス良く食事をすることが大切です。

 

睡眠不足も脳の働きを低下させるのです。

 

睡眠不足は、脳の大切な器官である海馬を衰えさせてしまうのです。

 

質の良い睡眠は、体の疲れを取ることだけでなく、脳の疲れを回復し、記憶の整理や脳細胞の修復を行っているのです。

 

また、ストレスも大きな影響を与えます。

 

ストレスによって、集中力が落ちてしまいます。

 

そのことにより、目の前で起きていることに対する理解力や記憶力が落ちてしまうのです。

 

現代社会において、ストレスは避けることができないものと言われていますが、ストレスを軽くすることが重要となります。

 

また、ストレスに勝つ体つくりも大切です。

 

精神の安定には脳内ホルモンのセロトニンを増やすことがポイントとなります。

 

セロトニンは、朝起きて、太陽の光を浴びてウォーキングしたりすることで増えます。

 

このように規則正しい健康的な生活を送ることが大切です。

 

また、認知症やうつ病、脳梗塞の病気によっても物忘れが起きてしまいます。

 

それらの病気は、単なる脳の老化だけではないため、専門の医師に診断してもらい、どのように治療していけば良いのかしっかりと相談することが大切です。

 

認知症の場合、ただ、年をとっただけと判断せずに病院に行くことが大切です。